2010年05月17日

千葉の殺人放火 犯人は乗用車で逃走か(産経新聞)

 千葉県八街市小谷流の会社員、中村忠司さん(46)方が全焼し、焼け跡からみつかった男性の遺体に刺し傷が見つかった事件で、千葉県警捜査1課と佐倉署は12日、殺人、放火事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、遺体で発見されたのは忠司さんの父親で、同居している中村行夫さん(76)。刺し傷は背面上部中央にあり、遺体周辺からは油反応も出ているという。行夫さんがいつも使用している乗用車がなくなっていることから、捜査本部は何者かが行夫さんを殺害後、自宅に火をつけ乗用車で逃走したとして捜査している。

 捜査本部の調べでは、火災は11日午後2時35分ごろ発生。12日になって焼け跡1階西側の6畳間で行夫さんがあおむけで倒れているのが見つかった。

 行夫さんは4人暮らし。出火当時はほかの3人は外出していた。11日午前6時50分ごろ、中学3年の二女(14)と一緒に家を出た忠司さんは「私が出勤したときは(行夫さんは)家にいた」と話しているという。高校1年の長女(16)は前日から友人の家に泊まりに行って留守にしていた。

【関連記事】
火災の遺体に外傷、殺人で捜査 千葉県警
金銭トラブル?会社社長を刺殺した疑い 容疑の従業員を逮捕
豊川市の5人殺傷事件 放火容疑で長男を再逮捕
「懲らしめてやる」中学生がホームレスのテント放火
焼け跡から油成分 富山の放火殺人
少子化を止めろ!

<キセル乗車>西武鉄道社員36人を処分へ(毎日新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
「たちあがれ」中川氏長男、「みんな」が擁立へ(読売新聞)
裁判員裁判の法廷通訳人 危うい誤訳 外国人被告が不信感(産経新聞)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
posted by チヨウ ミツアキ at 18:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うほほぉぉおぉおぉっ!!!!(*゚∀゚)=3
あの亀/頭吸いながら舌でなめ回すテク!マジでヤベェ!!
報/酬5マンもらえたし、さいっこぉの仕事見つけたぜぇぇぇ!!
http://speCover.com/topo/bfu2abe/
Posted by なんじゃあのワザ!!! at 2010年05月22日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。