2010年05月26日

日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)

 日本病院会(日病)の新執行部披露パーティーが5月21日、東京都内のホテルで開かれた。堺常雄・新会長はあいさつで、「これまでの歴史を踏まえて、継続性を非常に重要視していきたい。その中で、新たな変革、チャレンジをやっていきたいと思っている」などと抱負を語った。

【複数の写真が入った記事】


 堺会長は、日本医師会対病院団体、大学病院対一般病院などの対立構造が「今の医療崩壊の一つの要因ではないか」と指摘。「今後はこういう対立構造ではなく、利用者目線でどういう診療ができるのか、よりよい質の高い安全な医療がどうやってできるかを考える必要がある」と述べた。
 病院団体の統一については、「これまでの歴史があるので時間がかかる。急がないで、じっくりやっていきたい」との考えを示した。
 さらに、今回の診療報酬改定について、「久々のプラス改定は評価できると思うが、政治主導と言いながら、パイが決まった中でそれを分け合っている」とし、対立の構図が垣間見えると指摘。その上で、出席した国会議員らに対し、「行政のプロとして、財政問題をしっかりしていただきたい」などと注文を付けた。

 続いて日医の羽生田俊副会長が原中勝征会長からの祝辞を代読し、「(日医は)世界に冠たる国民皆保険制度の堅持を主軸に、国民の視点に立った多角的な事業を展開し、真に国民に求められる医療提供体制の実現に向けて、これからも国民と共に努力する」として、日病に一層の理解と協力を求めた。

■日医は「非常にややこしい存在だった」―邉見議長
 日本病院団体協議会の邉見公雄議長はあいさつで、「今まで日本医師会は、敵に回すことは全くないが、うまく対処しないと面倒な存在であり、かつ味方にしても全くわれわれ病院会のことをほとんどかまってくれない非常にややこしい存在だった」と述べた。その上で、▽新政権の発足▽原中会長率いる日医の新執行部誕生▽日病での堺会長の就任―の「3つの変革」によって、日本の病院医療界がよくなるのではないかとの期待感を示した。


【関連記事】
厚労省の医師不足実態調査に協力−日病協
12人中7人の委員が新任−社保審医療分科会
来年度事業計画など了承―日病が総会
日病・次期会長に聖隷浜松病院長の堺氏
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長

女児の裸を団地でカメラ撮影、容疑の男逮捕(産経新聞)
全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
<離婚式>「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)
Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
posted by チヨウ ミツアキ at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。